カンタンにできる!鉄製調理器具のお手入れ

油を馴染ませて使う

ここでは鉄製調理器具の代表であるフライパンのお手入れについて触れますが、鉄製フライパンのお手入れで大切なことの1つが、油を馴染ませて使うということです。
いったん馴染むと他のフライパンよりも油馴染みが良く、焼いたり炒めたりといった調理にはとても活躍してくれます。

初めて鉄製フライパンを購入した時にも、油をまず馴染ませる工程を設けましょう。
鉄製フライパンもメーカーによっては最初に洗剤で洗っても大丈夫な物もあるので購入先のメーカーに最初の使い方を聞いておけば間違いないでしょう。

鉄製フライパンは熱伝導が良く食材に火が通りやすいので高火力調理に向きながら焦げ付きやすいという側面も持っています。
しばらく使わない時でもたまに油を馴染ませておくと使いたい時スムーズです。

汚れは早めに拭き取る

これは鉄製の調理器具に限ったことではありませんが、熱伝導の良い鉄製フライパンや鍋で調理した時は出来上がった料理はなるべく早めに皿に移し、フライパンや鍋に付いた汚れは焦げ付かないうちに拭き取ることが大切です。
放置すればするほど汚れや焦げ付きを取り除きにくくなります。

長く水に浸けておくことも良くないので、汚れを拭き取ったらその流れで早めに洗ってしまうのが良いでしょう。
この時、油汚れを落としやすいように水ではなくお湯で洗うのもよりキレイに使うポイントです。
汚れがひどい場合は洗剤を使っても大丈夫ですが、その後は油を馴染ませておいた方が良いでしょう。
鉄製調理器具専用の汚れ落としがあるので、どうしても気になる場合はそのような物を使うのも良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る